前へ
次へ

ニキビが出るのは乾燥が原因かもしれない

ニキビは思春期に多い肌の悩みですが、思春期を過ぎてもニキビに悩まされる人がいます。大人になってから出るニキビは肌の乾燥が原因かもしれません。ニキビは過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まると出やすいため、肌が乾燥してカサカサしている人はニキビが出ないと思われることもあります。しかし、かえって肌の油分が不足すると肌が乾燥から守ろうとして余分に皮脂を分泌させるので、乾燥肌でも部分的に脂ぎってニキビが出やすくなることがあるのです。ニキビが出るからあまり乳液やクリームをつけないという人は、肌の油分や水分が不足するために乾燥を招いているかもしれません。洗顔後には保湿力の高い化粧水をつけて肌に十分に水分を与え、続けて乳液やクリームなど油分が入った化粧品で水分が蒸発しないようフタをしましょう。この基本的なスキンケアを丁寧に続けることで、乾燥による皮脂の過剰分泌が治まり、ニキビが出にくい肌へ導かれます。乳液やクリームのべたつく感じが苦手な人は、いったん顔に塗った後に広げたティッシュなどを当て、余分な量を取り除くとよいでしょう。

Page Top